株式会社総合電子計算センター お問合せ リンク サイトマップ + ・ -

    開発事例

HOME > 開発事例 > 履物卸業

開発事例

履物卸業向け販売管理

受注売上 棚卸 発注仕入 在庫振替 営業支援 入金・請求・支払

EOSによる取引をメインとした履物卸業向けの販売管理システムです

特長

  1. EOS受注または受注入力より、販売管理システム及び倉庫管理システムへデータをシームレスに接続
  2. 他システムとの接続を標準装備し、業務の効率化を実現
  3. 帳簿在庫と現物在庫(WMS)を別に管理することにより、精度の高い在庫管理を実現
  4. インターネットが繋がる環境下であれば、どこからでも現物在庫の照会が可能

運用イメージ

運用イメージ

課題・効果

手書き伝票の廃止

これまで手書きで伝票を起票・訂正していたため、作業負担が多く間違いも起こっていた。
システムの導入により、コンピュータに入力することで、連続伝票・単票を自動で出力することが可能になり、作業効率が向上し、間違いも激減した。
また、過去の伝票も画面より検索でき、得意先からの問い合わせにも即時に返答することが可能となった。

支払明細のEOS化

売上伝票と得意先からの支払明細の照合を人の目で行っていたため、作業効率が悪かった。
そこで、得意先からの支払明細をEOS化することにより、自社売上情報との自動マッチングを行った。
その結果、事務作業量が減り、空いた時間でアンマッチになった伝票の調査が早くできるようになった。

在庫の正確性の向上

帳簿在庫と現物在庫(WMS)を別に管理することにより、在庫の正確性が向上した。
また、インターネットが繋がる環境下であれば、営業担当者がどこにいても現物在庫の照会が可能となった。

Copyrigh © 2009 SDCC Co., Ltd. All Rights Reserved.